施設見学が必要な理由

施設見学が必要な理由

必ずするべき

「面倒だから」という理由で施設見学をためらう人もいるかもしれませんが、介護施設で働く場合は必ず事前に施設見学をしておいたほうがいいです。なぜなら、施設見学をすることで直接職場の雰囲気を確認し、自分に合う環境かどうかを判断できるからです。これは、長く働くためには非常に重要なポイントです。介護施設には、特別養護老人ホームやデイサービスなど様々な種類があります。施設ごとに特徴や提供するサービスが異なるので、詳細な部分までチェックした上で自分に合うかどうかを判断しましょう。
また、自分に合う職場かどうかを判断する以前に、ブラック施設かどうかを判断するためにも施設見学は必要です。その施設で働く職員の利用者に対する態度や接し方を見れば、職員が余裕を持って働ける環境であるかどうかを判断できます。

メリット

施設見学をしたことがない人は、そもそも見学ができることを知らないかもしれません。多くの介護施設は、事前に申し込めば施設見学をさせてもらえます。職場の雰囲気を把握しないまま転職すると、働き始めてから「想像と違った」とミスマッチを感じ、早期の退職につながってしまいます。そうならないように、満足感を持って働ける職場かどうかを施設見学で確認する必要があるのです。
施設見学のメリットとしてまず挙げられるのは、「雰囲気が自分に合っているかどうかを確認できる」ことです。また、「大まかな人間関係を把握できる」点も見逃せません。多くの人とコミュニケーションをとりながら仕事を進めていくので、人間関係は重要です。利用者の様子を観察することでその施設の「介護の質が分かる」こと、「不安点や疑問点を直接質問できる」ことも施設見学をするメリットです。施設見学を担当する職員は採用担当者であることが多いです。転職した場合に上司になる可能性が高いので、その職員の対応を見て自分とは相性が合わないと感じるのであれば、それを理由に転職を避けることもできます。前向きに働くためには、上司との相性を知ることも大切です。

多くのチャンスがある

一般企業の場合は事前に見学できる機会がないかもしれませんが、介護施設は見学できる可能性が高いです。面接を行うだけでは、その職場のことはほとんど分かりません。実際に自分の目で職場の雰囲気を確認し、担当者と会話をすることで自分がそこで働く具体的なイメージを持つことができます。また、仕事に対する意欲をアピールできます。見学中に積極的に前向きな質問をすることで、好印象を与えることができるでしょう。

施設見学前にもう一度見ておこう

施設見学から求人探しまで

施設見学時に確認すべき点や、注意すべきマナーなどを紹介します。また、転職時に役立つ求人探しの方法なども紹介していきます。当サイトに関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

ピックアップ記事